長寿・節目のお祝いコラム

長寿祝い基礎知識Q&A

長寿祝い(賀寿)の種類・由来とは?
熨斗(のし)や表書きはどう選んだらいい?
年配者へのプレゼントで気をつけたいことは?
なんで、還暦は60歳でお祝いするの?
60歳って結構若い! 長寿の祝いは古希(数え年で70歳)からでOK。
「敬老の日」の起源って知ってました?
ナニを? いくらぐらい? 贈物の目安ってある?

長寿祝い(賀寿)の種類・由来とは?

長寿祝いとは

還暦 かんれき

還暦

数え年六十一歳のお祝いで、古代中国の暦で、六十年で再び生まれた年の干支に還るところから「還暦」という祝い日に。生まれた年に戻るため、赤子に戻ると言う意味もあり、イメージ色には「赤」が使われ、赤い座布団や、赤いちゃんちゃんこを贈ります。赤色は「魔よけ」にもつながると言われています。



緑寿 ろくじゅ

緑寿

2002年に生まれた、新たな賀寿「緑寿」。日本百貨店協会が提案し、数字の重なる縁起の良い歳であり、尚かつ、これからも若々しく、新たな社会生活への参画を促すスタートラインとなる歳となる意味を込めて。



古稀 こき

古希

数え年七十歳のお祝い。唐の詩人杜甫(とほ)の詠んだ「人生七十年古来稀なり」という節から生まれました。昔は短命の人が多く七十歳まで長寿を保つのは本当にまれでしたが、今では多くの人に祝いをもたらすことができるようになりました。



喜寿 きじゅ

喜寿

数え年七十七歳のお祝い。喜びの字を略すときに七が重なるので、七十七歳のお祝いとなりました。古くは室町時代から始まったと言い伝えられ、本来、厄年の1つであったという説も。



傘寿 さんじゅ

傘寿

数え年八十歳のお祝い。傘の略字が八十に見えることからこの名がついたものです。



米寿 べいじゅ

米寿

数え年八十八歳のお祝い。「米」の字が八十八から出来ていることから米寿となり「米の祝い」とも呼ばれています。また、末広がりの八が重なることからもお目出度い歳とされ、近親・縁故を招いて祝宴を催し参会者に枡の斗掻(とかき)や火吹竹などを贈る習慣があったとされています。



卒寿 そつじゅ

卒寿

数え年九十歳のお祝いで、長生きのシンボル亀にちなみ「亀寿」とも呼ばれる。九十が「卒」の俗字「卆」とも読めることからこの字がついています。



白寿 はくじゅ

白寿

数え年九十九歳のお祝い。「白字のお祝い」ともいい、百の字から一をとると「白」となり、また百の字から一を引くと九十九になることからこの名がついたとされています。長寿大国の日本では、数万人の方が白寿を迎えられるとか。お目出度いことですね。



上寿祝いとは

百寿 数え年 100歳

「百賀」「紀寿」「鶴寿」ともいう数え年百歳のお祝いです。文字通り「百」の字からきています。一般的に100歳のお祝いは60歳の還暦のお祝いの次にポピュラーなお祝いです。



茶寿 数え年 108歳

茶寿は「茶」の字の草冠が二つの「十」に分解できることから「二十」下が「八十八」に分解でき、「二十」と「八十八」を足すと「一〇八」になることから、108歳をいうようになったと言われています。



皇寿 数え年 111歳

別名、王寿(おうじゅ)ともいう、数え年で百十一歳のお祝いです。こちらも画数にちなみ「皇」の文字が白一十一から出来ていることから「皇寿」のお祝いとなったとされています。



天寿 数え年 118歳

数え年で百十八歳のお祝い。「天」という漢字は、一一八と書くところから、このお祝いとなったと言われています。



珍寿 数え年 111歳以上

数え年百十一歳以上の長命を珍寿といい、これほどの長生きは珍しいことからで、毎年お祝いする。



大還暦 数え年 120歳

十干と十二支とを組み合わせた干支による暦は60年で一周し、還暦と言いますが、大還暦はそれが二周することを言います。世界ではフランスのジャンヌ・カルマンさん(122)、日本人では泉重千代さん(120)のみが達成しています。



熨斗(のし)や表書きはどう選んだらいい?

長寿のお祝いの品に熨斗(のし)をつける場合は、水引には紅白の蝶結びを選ぶのが正解です。
表書きに関しては、贈られる方の年齢によってさまざまです。代表的なものを以下にまとめましたのでご参照ください。

一般的な長寿の表書き

・御長寿お祝
・祝延寿(六十歳以上の長寿祝い全般に使うが、特に誕生日や敬老の日にふさわしい。)
・敬寿(長寿祝い全般に。敬老の日のお祝いにも使う)
・福寿(幸福で長命であること。)
・御祝
・寿


還暦かんれき 数え年61歳のお祝い 緑寿ろくじゅ 数え年66歳のお祝い 古希こき 数え年70歳のお祝い

喜寿きじゅ 数え年77歳のお祝い 傘寿さんじゅ 数え年80歳のお祝い 米寿べいじゅ 数え年88歳のお祝い

卒寿そつじゅ 数え年90歳のお祝い 白寿はくじゅ 数え年99歳のお祝い 米寿べいじゅ 数え年100歳のお祝い



Q.年配者へのプレゼントで気をつけたいことは?

靴下や靴には「足で踏みつける」イメージがあるので、目上の方への贈り物としては適切ではありません。また、「勤勉に働くべし」という意味がある、時計のプレゼントも避けたほうが無難でしょう。このほかにも「四(死)や九(苦)」といった数字を連想させるものや、補聴器や老眼鏡など、 贈る側が“年寄り扱い”していると受け取られかねないモノも、先方から欲しいといわれない限り、あまりおススメできません。確かに年配の方の中に もしきたりにこだわらない方が増えています。しかし、気にされる方がいらっしゃるのもまた事実。知っておいて損はない知識です。



Q.なんで、還暦は60歳でお祝いするの?

干支(えと)とは、よく知られた十二支と甲、乙、丙……など10の要素からなる十干(じっかん)を組み合わせたもの。暦の上では60年周期でひとまわりすることになっています。だから、再び人生のスタートラインに立つ60歳が節目になるわけですね。実際には数え年で61歳となる年にお祝いするのが一般的なようです。 →数え年とは 生まれた時を「1歳」として毎年お正月を迎える毎に1歳加える年齢の数え方。



Q.60歳って結構若い! 長寿の祝いは古希(数え年で70歳)からでOK。

最近、団塊の世代が60歳の節目を迎えたことが大きな話題になりました。とはいえ、まだまだ仕事や趣味、旅行にと毎日忙しく過ごされている方がほとんどというのが現実です。平均寿命が大きく伸びたいまでは、もはや“定年=ご隠居さん”のイメージは過去のもの。盛大な長寿のお祝いは、古希からと考えてもよさそうです。還暦のお祝いは人生の節目を迎えた大切な方へ、感謝の気持ちを贈るイベントと考えてみてはいかがでしょうか?



Q.敬老の日」の起源って知ってました?

(現八千代町)の村長が「お年寄りを敬い、お年寄りの経験と知恵を生かした農村づくり」を提唱したことがきっかけだといわれています。1966年 からは呼び名が変わり「敬老の日」として国民の祝日となりました。2001年からはハッピーマンデー制度によって、9月15日から9月の第3月曜日に 変更になりました。



Q.いくらぐらい?贈物の目安ってある?

感謝やお祝いの気持ちを込めたプレゼントであれば、いわゆる“定番の品”や“相場”にこだわる必要はありません。数千円から三万円前後をめどに、贈られる人の気持ちに立ったプレゼントを選んではいかがでしょうか?還暦の定番といえば“赤いちゃんちゃんこ”ですが、こうした伝統のプレゼント以外にも、体力維持のための健康グッズや日々使うことができるおしゃれな食器類など、自分で買うにはすこし贅沢に感じるような商品を選ばれるがおススメです。